ヴァイオリンのたね

アクセスカウンタ

zoom RSS ロ短調ミサ曲

<<   作成日時 : 2016/02/15 23:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

14日日曜日午前中は暴風雨でしたが、コンサートのころには晴れ間が出てきてほっとしました。

この日は主人の指揮するグループでバッハのロ短調ミサ曲の本番でした。

宗教曲にもいろいろありますが、ロ短調ミサ曲は、レクイエム(死者のためのミサ曲=葬送のミサ)でもなく、受難曲(イエスキリストが十字架にかけられるまでのいきさつを音楽で語る)でもない、普通のミサ・・・日常のミサ(礼拝)のための曲です。この曲が実際のミサで用いられたかどうか、よくわかりませんが、内容は確かにいつもの礼拝の中で唱えられるものです。

神様、憐れみをお与えください・・とか・・主に感謝します・・・とか歌っています。

バッハにはバッハの語り口があると思うのですが、今回のコンサートでは、その語り口がとても素直で根源的な印象を持ちました。バッハは難しいとよく言われますが、今回はむしろとても「らく」に弾けたような気がしました。

今回の会場は晴海の第一生命ホール、ステージから見た客席がとてもきれいでした。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ロ短調ミサ曲 ヴァイオリンのたね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる