ヴァイオリンのたね

アクセスカウンタ

zoom RSS ライプツィヒの旅ー1−

<<   作成日時 : 2014/12/27 17:39   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

11月25日〜12月1日まで、長女が留学中のドイツ・ライプツィヒに二女と共に行って来ました。

ライプツィヒ中央駅(ライプツィヒ ハウプt バーンホーフ)
画像


ライプツィヒは旧東ドイツの商業都市ですが、音楽家にとっては聖地のひとつ、かのバッハがカントール(楽士長)をしていた聖トーマス教会があり、メンデルスゾーンが創設した音楽・演劇大学があり、シューマンがクララとの婚約、新婚時代を過ごした場所であり・・・・と話題に事欠きません。

トーマス教会(トーマス キルヒェ)
画像

その上、この季節は有名なドイツのクリスマス市(バイナハツマルクト)で賑わいます。

画像


出発前日まで、公演に忙しくしていた二女は、出発当日の朝までかかって荷造りをし、へとへとで出かけました。一方私は3日程前から自分の準備、1か月程前から、長女に持って行くものの準備を着々と進めていました。大きなスーツケースの半分は長女へのお土産(日本の食品や防寒対策のホッカイロや衣類)でした。おやごごろん〜

この4月就航の羽田発ルフトハンザ・ミュンヘン行で楽々出発。やっぱり羽田の発着はとても気持ちが楽です。

画像


羽田の国際線ロビーはコンパクトでわかりやすいし、新しくて商業スペースも楽しいので、帰国した時は2時間くらい、食事をしたり、遊んだりしてきました。

午後1時5分羽田を飛び立ち、同日午後16時ころミュンヘン着、ライプツィヒには乗継で19時半頃到着しました。乗り継いだ飛行機は中央に通路、その両側に2席ずつの小さい飛行機だったので、飛び立った瞬間に左右にフラフラっと揺れたりしてちょっと冷やっとしました。

でも無事にライプツィヒ・ハレ空港に到着、さあそこからひと騒動

ー続くー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
小さい飛行機っていかにも飛びそうだけど、やっぱり弱そうで怖いよね。
おゆう
2014/12/29 23:08
そうそう!!しかも乗り込んだとたん、こっちを向いて座っている人達が殆ど外人さんだったし
外国に来てしまった覚悟を決めた瞬間だった
オリーブ
2015/01/08 15:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
ライプツィヒの旅ー1− ヴァイオリンのたね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる