ヴァイオリンのたね

アクセスカウンタ

zoom RSS 言葉の問題-2-

<<   作成日時 : 2010/11/10 21:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回の続きです

言葉の問題として、科学的なことの説明などの時に、カタカナ言葉・・・・外国語・・・・をどのくらい使うのか、ということがあるとか。

日本語は外来語をカタカナ表記でどんどん取り入れることができる柔軟な言葉ですが、そのために、「てにおは」は日本語の文法どおりであるにもかかわらず、意味のわからない外来語が多用されると、意味が伝わらない(まさに、この科学者の集まりの講演は、科学の世界の知識の乏しい私にとっては、日本語での講演であるにもかかわらずほとんど、わからないのですが・・・これは問題外ですね

日本語はいろんな繊細なことをあらわせる言葉なので、もっときちんと日本語で科学的な事象を説明できるのではないか、とのことでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
言葉の問題-2- ヴァイオリンのたね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる